カラコンが汚れてしまう原因とは?

カラコンは装着するだけでも汚れてしまいます。

 

短時間であっても、一度でも装着した場合はしっかりと洗浄し正しく保存するようにしましょう。カラコンが汚れてしまう原因にはいくつか挙げることができます。

 

たんぱく質や脂による汚れ

 

装着することでレンズには、たんぱく質や脂などの汚れが付着します。

 

カラコンを装着していることで、レンズにホコリや雑菌などが付着する場合もありますし紫外線などの有害物質も付着する場合があります。

 

普段の生活の中だけでもこれだけの汚れが付着する可能性があるのです。
ですから、正しい方法でしっかりと洗浄しなければなりません。

 

汚れが残ったままのカラコンを装着することで目の炎症が引き起こるなどのトラブルの原因にもなってしまいますので注意しましょう。

 

レンズに付着してしまった汚れは、時間が経てば経つほど洗浄に時間が必要になってきます。その日の汚れは、その日のうちにしっかりと洗い落とすことが重要なのです。

 

カラコンを使い始めたばかりのころはお手入れも慎重に行うものなのですがカラコンに慣れてしまうとお手入れを怠ってしまいがちです。

 

カラコンのお手入れは決して面倒なものではありません。短時間でお手入れできますし、正しくお手入れすることができれば、とても安全なものなのです。

 

カラコンによる目のトラブルは多く報告され続けています。最悪の場合「失明」する可能性もあります。視力を失ってしまってはカラコンでオシャレを楽しむ意味もなくなってしまいますよね。

 

カラコンはとても安全なものです。それでもトラブルが耐えないのはお手入れを怠ってしまっているからなのです。専用の洗浄液を使って汚れをしっかりと洗い落とし、保存液で保存する、お手入れはこれだけです。

 

時間がかかるようなお手入れではありませんし、面倒なこともありません。
カラコンを楽しみたいのであれば、それ以上にお手入れをしっかりと行うことです。

 

ほんの少しでも目に異常や疲れがある場合は、カラコンの使用を控えることも必要です。