できるだけ定期健診は受けた方が良いです

かれこれ6年間、カラコンを使い続けています。純粋なコンタクト使用歴は9年になりますが、一度カラコンを付けてしまったあとはもうクリアタイプのコンタクトを付ける気にはなれません。もはやカラコン装着後の眼のほうを自然に感じるようになってしまいました。

 

最初は眼科に併設されたコンタクト売り場でカラコンを購入していましたが、最近は雑貨屋さんやディスカウントストア、ネット通販なんかでも簡単に度ありのコンタクトが買えるんですよね。処方箋もいらないし、カラフルなレンズや黒目を大きくできるレンズなどファッション性にも富んでいます。

 

眼科の予約も面倒だし、これからは普通にお店で買えばいいや、という人も多いのでは?私もそういったユーザーの1人ですが、しかし、気をつけないとカラコンで思わぬトラブルを引き起こしかねません。

 

雑貨屋など上記のお店で買うとき、大抵は処方箋がいらないため度数を自己申告しカラコンを購入します。眼科併設のお店なら定期検診を受けなくてはいけないのですが、その必要がないのは時間もお金もかからず非常にありがたい。

 

ところが、度数というのは気づかないうちに上下してしまうもの。前回と同じ度数を買ったのにどこか見えづらい、結果として大量のコンタクトが無駄になってしまった、なんてこともありました。また、カラコンを付けっぱなしで寝ると目は傷ついてしまいます。

 

本当ならカラコンなんて付けている場合ではないのですが、「これくらいは大丈夫」と軽く考えてカラコンを使い続けた結果、目を開けているのも辛いほど痛めてしまったこともあります。度数ミスも目のトラブルも、億劫がらずに私がしっかりと眼科で定期健診を受けていれば防げたことでした。

 

検診いらずでカラコンが買えるのは、メリットのようで実はデメリットのほうが大きいのです。カラコンとは違い、著名な製薬会社が作っているコンタクトはその辺りのお店では販売していない、ということを考えれば、気軽に買えるカラコンがリスキーなものであることは分かっていただけるかと思います。

 

とは言っても、カラコンのファッション性が非常に魅力的であることも事実です。

 

そこで、安全におしゃれを楽しむためにも、カラコンを買う場所がどこであれ、しっかりと定期検診は受けていただきたいと思います。

 

それが、こういったトラブルを防ぐ一番の術なのです。