カラコンの使い方を間違うと大変な目に。

視力が低いので、普段からコンタクトレンズをしています。

 

休日には、オシャレのために度入りのカラコンを使用していました。平日使用しているコンタクトの方は、眼科でしっかりと診察してもらった後、日本製のものを購入していました。

 

しかし、カラコンは通販で海外製の安いものを使っていました。休日だけだし、大丈夫だろうと思っていました。

 

連休に友達の家で宴会する予定がありました。もちろん、この日にもカラコンを装着して行きました。その日は、次の日も仕事が休みだったため、夜遅くまで宴会は続きました。

 

そして、お酒を飲んだこともあり、カラコンをつけたまま知らない間に寝てしまいました。起きた時には、すでに朝でした。そして、帰宅後、目に痛みを感じるのに気づきました。カラコンを外そうと洗面台に行った時、鏡で目が充血しているのがわかりました。

 

急いでカラコンを外しましたが、目の痛みと充血は治りませんでした。とりあえず、しばらくは眼鏡で過ごすことにしました。

 

しかし、次の日になっても症状は治まりませんでした。仕方なく、その日は眼鏡で仕事へ行きました。そして、仕事が終わってから急いで眼科へ行きました。

 

眼科では、いろいろな機械で目をチェックされました。そして、診断の結果、目に傷が付いていると言われました。海外製の安いカラコンが原因なのか、つけたまま寝てしまったのが原因なのかはわかりません。しかし、当分はコンタクトレンズの使用も控えてくださいと言われました。しばらく、目を休ませることで、修復できる傷なのだそうです。

 

これを聞いて、よかったと思いました。てっきりもう治らないのかと心配だったので、本当に安心しました。その後、処方された目薬をもらって帰りました。

 

1週間ほど眼鏡で過ごしていたら、症状は治まってきました。

 

ですが、まだ傷はあるようなので、しばらくは眼鏡で過ごすことにしました。もし、この傷がひどかったら失明していたかもしれないと思うと、怖くなったからです。

 

気軽に使用していたカラコンやコンタクトですが、使い方をしっかりと守らないと危険なことになるのだなと強く思いました。