フォーリンアイズは色落ちする?

カラーバリエーションの豊富さや、目を大きく見せる効果などから、カラコンは、メイクやお洒落をする時に、欠かせないものとなっています。

 

豊富な種類のカラコンの中には、安全性が高いとは言えない製品などもあります。中でも、カラコンの色落ちが問題のひとつとなっており、このようなことから、目のトラブルを誘発しないためにも、安全性の高い製品を選ぶことが大切です。

 

国内で生産されている唯一のカラコン、フォーリンアイズは、品質の高さから多くの方に支持されている製品です。ここでは、フォーリンアイズのカラコンは、色落ちする製品なのかどうかを見ていきたいと思います。

 

色落ちするカラコンの製法とは?

カラコンには、4つの製法があります。中でも、スピンキャスト製法とキャストモールド製法は、一般的に色落ちしやすいイメージを持たれている製法です。

 

スピンキャスト製法は、回転する機器にレンズの原料となる液体と色素を流し込んでレンズを作る方法です。遠心力をかけている間に色素を流し込むため、色落ちしにくいと言われていますが、不良品である場合、色落ちする可能性があります。

 

キャストモールド製法は、レンズの原料と色素を、専用の機器で混ぜてレンズを作る方法です。こちらも、不良品である場合、色落ちする可能性があります。2つの製法に共通している点が、レンズの原料と色素を混ぜ合わせている点です。

 

色落ちしないカラコンの製法とは?

カラコンの製法の中には、レンズの原料と色素を混ぜない製法があります。セミキャストモールド製法は、レンズに着色して、その上から特殊なポリマーを使用して、レンズを覆う方法です。

 

この方法は、色素がコーティングされているため、色落ちしにくいと言えます。

 

サンドイッチ製法は、2枚のレンズで色素を挟み込んでレンズを作る方法です。サンドイッチ製法は、色素がレンズに包み込まれているため色落ちしにくく、4つの製法の中で、最も色落ちしない製法と言われています。

 

色落ちしにくい製法で作られたカラコン

フォーリンアイズのカラコンは、サンドイッチ製法で作られているため、色落ちしにくいカラコンです。サンドイッチ製法のカラコンは、2枚のレンズで色素を挟み込むため、どうしてもレンズが厚くなりがちになるデメリットがありました。

 

しかし、フォーリンアイズのカラコンは、高い技術を用いることにより、つけ心地の良い薄さやフィット感を実現しています。

 

 

カラコンの色落ちは、目に大きなトラブルを引き起こす可能性があります。出来るだけ安全性の高いカラコンを選ぶことで、快適にお洒落を楽しむことが出来ますね。