カラコンによるドライアイ

カラコンを使用することでドライアイになってしまうという方も多いようです。
ドライアイになってしまわないようにカラコンの選び方にも注意してみましょう。

 

カラコンにはいろいろな種類がありますから、ご自分の瞳にあったカラコンを選ぶことができます。

 

カラコンを使用することでドライアイになってしまうという方はドライアイになりやすいカラコンを選んでしまっている可能性があります。カラコンは、視力矯正用のコンタクトレンズやカラコンと比べてとても目が乾きやすいのだそうです。

 

レンズの構造を考えてみると「着色料」が使用されていますよね。カラコンは、どうしてもドライアイになりやすいのです。カラコンはドライアイになりやすい事から目が乾くこと以外にも目が疲れやすいという方も多いようです。

 

では、「乾きにくいカラコン」はあるのでしょうか。

 

ドライアイを防ぐカラコン選び

 

カラコンのレンズには「含水率」といって、レンズの水分量を示す割合の数値が記載されているのですが、カラコンの含水率は約40%ほどです。

 

含水率が50%以上になると「高含水レンズ」と言えるのですが、50%以下のカラコンは「低含水レンズ」として分類されます。みなさんは、カラコンを購入されたときに「含水率」を確認されたことがあったでしょうか。

 

パッケージなどに記載されていますので確認してみてください。

 

ドライアイになりにくいレンズは「含水率」が高いレンズなのか、低いレンズなのか。「高含水レンズ」の方が水分が多いのだから目が乾きにくい、と思われた方が多いのではないでしょうか。

 

実は「低含水レンズ」の方が目が乾きにくくドライアイになりにくいレンズだとされています。

 

長い時間カラコンを使用することによって、レンズの水分と一緒に涙の潤いも蒸発してしまうため高含水レンズは目が乾きにくくなってしまうのです。

 

レンズの厚みをチェックしよう!

 

レンズが厚いほどドライアイになりやすいカラコンだと言えます。レンズの厚みが記載されている場合もありますので、カラコンを購入する際にチェックしてみてください。